ウォーターサーバーイメージ

赤ちゃんのミルク用としてのウォーターサーバーのお水

ウォーターサーバーを注文しだしたのは、妊娠中のときです。
子供が生まれるにあたって、今までは水道から沸かして飲むことで満足していたのが、それで良いのかと不安に思うようになったからです。
浄水器をつけることも検討しましたが、定期的なメンテナンスが必要なことや、フィルターのお掃除などの手間を考えたときに、子供が生まれてからはそんな余裕もなくなりそうだから、ウォーターサーバーが1番良いのではないかと考えるようになりました。
契約するにあたっては、何社かインターネットサイトを比較して調べたり、資料請求をする等して検討しました。
私の利用目的は、赤ちゃんのミルク用としてということと、妊娠中や、産後の自分自身の体のために、ミネラルもとりたいということでした。
ウォーターサーバーは、だいたいわけると2通りあり、ろ過タイプと、天然タイプがありました。
ろ過タイプは、不純物を取り去ったお水なので、赤ちゃんのミルク用としては最適です。
天然タイプは、湧き水など、各メーカーで売りや特色があり、こだわって選ぶことができます。
選ぶ種類によってPHが酸性よりか、アルカリ性よりかが違っていたり、ミネラルの濃度が変わります。
赤ちゃんのミルク用として選ぶなら、PHもどちらに傾きすぎていても駄目で、幅が決まってきます。
ミネラルも高すぎると赤ちゃんの腎臓に負担をかけてしまうので、基準が決まっていました。
そこで、契約を決めるときは、利用目的のすべてを満たすように、天然タイプの中でも、PHが軟水と呼ばれるもので、ミネラルも赤ちゃんが飲んでも負担にならない基準値内のものを選ぶことにしました。
私が契約したメーカーは、ウォーターサーバーのボトルも、使用していく中で、ボトルに空気がはいらないようにつぶれていく仕組みになっており、使い終わったボトルは、ペッシャンコになるので、回収ではなく、普通にごみとして捨てることができます。
空気が入らないということで、細菌やカビなどの心配も少なく、衛生的に使うことができるということで、それも安心したので、そこのメーカーを選ぶことにしました。
メンテナンスも、そこのメーカーの人が機械の調子を見にきてくれます。
ウォーターサーバーは、機械もレンタルすることになるので、メーカー側がメンテナンスしてくれるということは、ありがたかったです。
今現在、子供は離乳しましたが、とても使い勝手が良いので契約は継続しています。
使用してみると、とても便利で味もよく、快適なものでした。
出会いは、赤ちゃんミルク用ということでしたが、しばらく継続して使おうと思っています。
ミネラルウォーターの成分比較についても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2010 水の選び方.com All Rights Reserved.