ウォーターサーバーイメージ

赤ちゃんのお世話も担うウォーターサーバー

赤ちゃんが誕生して、毎日の習慣になるのがお湯を沸かすことです。
私は電気ポットを持っていなかったので、普段から電気ケトルでお湯を沸かしては魔法瓶ポットに移してお湯を使っていました。
赤ちゃんのいない家庭ではコーヒーや紅茶くらいしか、すぐにお湯を必要とすることはないと思いますが、さて赤ちゃんが誕生してからはどうか。
しょっちゅうミルクを作るためにお湯が必要ですね。
もう、一日に何回も、さらにすぐにお湯がほしいという状況になるので、毎回お湯を沸かすのが面倒になってきます。
また、我が家では、市販のおしりふきを使うと肌に合っていないのかおしりに湿疹ができたので、脱脂綿にお湯をしみこませたものをおしりふきとして使用しています。
これにもお湯が必要です。
また、汗をかきやすいのでよく濡れタオルで体をふきます。
またお湯です。
このように、赤ちゃんのお世話には毎日たくさんのお湯が必要になります。
では、何か手軽で楽な方法はないかと思い、色々と探していたときに、ショッピングモールでウォーターサーバーのデモを見て、あ、これいいなと直感で思いました。
今までも、ウォーターサーバーというものは知ってはいたのですが、いつでもおいしい冷たい水が飲めるというイメージしか抱いていなかったので、その存在を軽視していました。
しかし、私が見たデモ機は冷水とお湯がすぐにワンタッチで使えるものでしたので、今の状況に持って来いだと思いすぐに使用を決めました。
もともとペットボトルのミネラルウォーターを購入していた我が家ですので、水を買うことにはほとんど抵抗はありませんでした。
むしろ、今まで買っていたペットボトルの水よりも単価が安くなったので少しお得な感じもしました。
ウォーターサーバー自体も最初は結構値段が高いのかなと思っていたのですが、水を定期購入するとウォーターサーバーは無料でレンタルできるというシステムでしたので、お財布にもかなり優しかったです。
今では必要な時にはお湯がすぐに使えるということで大変重宝しています。
もちろんおいしい水が冷えているので、少しのどが渇いたときにも便利です。
しかし、なぜ今まで知らなかったのでしょう。
結構どこでもデモやPRをしていると思うのですが。
やはり興味を持っていなかったり、探す気がない時は見ていないものなんですね。
ウォーターサーバーは赤ちゃんのお世話、お手入れにすごく役立つものなので本当に買ってよかったと思います。
水の取りすぎで起こる病気についても興味深いです。

Copyright(C) 2010 水の選び方.com All Rights Reserved.