ウォーターサーバーイメージ

卓上のウォーターサーバーから、床に設置する大型の物に変更しました

我が家では、最初はウォーターサーバーを食事用のテーブルの上に設置していました。
小さなボトルの、卓上タイプの物を使用していたのです。
卓上とは言ってもそれなりに大きく、本体部分だけで高さが50センチほどありました。
その上にボトルをつけるので、さらに30センチほど高くなります。
つまりトータルで80センチくらいの大きさになってしまうわけです。
我が家は対面式キッチンで、調理台の目の前にカウンターテーブルがあり、そこで食事をとっています。
カウンターテーブルは一般のテーブルと比べるとやや狭いです。
そこにウォーターサーバーを設置したことで、より狭くなりました。
しかも我が家には乳幼児がいたので、狭くなったことでその子が食器をひっくりかえしてしまう確率が高くなりました。
もともとは我が子の粉ミルクやこまめな水分補給のために設置したウォーターサーバーでしたが、思った以上に大きく、我が家の狭いテーブルには合いませんでした。
そのうえ、想像していた以上に非常に便利だったのです。
ワンタッチでおいしい冷水や温水が出てくるので、粉ミルクや水分補給にはもちろん、離乳食作りにも便利でした。
意外ですが、ウォーターサーバーの水を使って調理をすると味が格段に良くなるのです。
そのため離乳食に限らず、大人用の食事作りにも使用するようになりました。
コーヒーやココアも同じで、水道水を使って作るよりも味わいはマイルドに、のど越しはなめらかになります。
そのため食事だけでなく飲み物にも頻繁に使うようになったのです。
こうなると、卓上サイズの小さなボトルでは、とても足りなくなりました。
そこで主人と話し合い、卓上の物ではなく床に設置する大型の物をレンタルすることに決めました。
ありがたいことに我が家が契約していた業者では、卓上の物も大型の物もレンタル料が同じでした。
そのため抵抗なく変更を依頼することができました。
そしてボトルも、12リットル入りの大型の物を使用するようになりました。
12リットルもあれば、料理にも飲み物にもバンバン利用できますし、簡単には尽きてしまいません。
だいたい我が家では、1本で1週間くらい使い続けることができます。
もちろん尽きてしまえば、電話1本で配達してもらうことができます。
今現在は、1〜2ヶ月に1回、数本ずつ配達してもらっています。
この大型のウォーターサーバーを設置してからは、毎日の食事がおいしくてたまらず、家族皆で笑顔で食卓を囲むことができています。
是非みなさんもウォーターサーバーのお試しから始めてみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2010 水の選び方.com All Rights Reserved.